歩幅に左右差があると、膝の痛みの要因にもなるし、足や指の形にも影響が出ます。

ボンヤリ下を見て歩いている時にふと足元をみて、おやっ?と思ったことはありませんか?

足の長さに大した違いなんてないのに、左右のつま先の出方が違う気がする…。

そこに気付いたら、要注意です。知らないうちに足に負担をかけているかもしれません。

 

【片足で支える時間に差がある】

基本的に強い側の足はそれだけ長い間、片足で体重を支えることができるので、反対側が前に振り出されるまで待っていられます。

逆に弱い方は、長い時間片足で支えられないので、持ち上がった反対の足を前に振り出しきる前に着地してしまうということになります。

 

【まっすぐに振り出せず、横に振り回している】

また、まっすぐ振り出しているか、横に振りだしているかにも影響されます。

足を振り上げる働きが十分でないと、足を「横に広げる筋」の力を借り、逆側に体を傾けて足を振り回すかのように前に出します。ちょっと大げさですが、相撲取りの四股で大きく足を振り上げる動きに似ています。一方はスムーズに前に振り出せても、反対が横から振り回すように前に出るとしたら、当然歩幅に左右差ができますよね。

 

【知らない間に痛みの要因を作ってしまう】

支えている時間が長ければ、その分は余計に筋活動をすることになるので、筋が疲弊しやすくなります。すると、関節は本来の動きができなくなり、軟骨への圧力、靭帯や腱が無理に弾き伸ばされることによる負担が痛みの要因になります。

さらに、支えている側の足の指にも注目すると、しっかりと踏ん張るために指を含めた足の裏を地面に押し付けられ、必要以上にアーチがつぶれ、指が曲がったままになります。

筋力のある年代であれば大ごとにはなりませんが、少しずつ筋力低下してくると、足の裏のアーチがつぶれたり、指が丸まるくらい形が変わってしまうかもしれません。

 

【運動の効果も管理があってこそ】

ご存知の通り、身体は使った部分が強くなる原則・特徴をもっています。

片側で支える時間が長くなることによって、一定の筋力の強化は確かに見込まれますが、気付かないまま持続すると、そのうちに疲労が蓄積してケガの要因にもなりかねません。

しっかり管理できていればこそ筋力向上の効果が出る訳です。そして、支えられない側は、使われない分、衰えが早く進みます。

どんなにウォーキングが身体に良いからと言って、左右の歩幅の差があることに気付かないで歩き続けてしまうと、思わぬダメージが膝にたまってくるかもしれません。

 

【まずは4つの簡単なチェックから】

ちょっとでも心配になったら、まずは左右差をチェックしましょう。

気付かないまま放置してしまうことが最大の問題です。普段から左右差に気付くタイミングを作ることが大切になってきます。

①気づきのように、実際に足元を見て、ご自身を客観視することも一つの方法です。

②日常生活では階段の降り方に特徴が出やすく、強い足側の方を先に前へ出すようにして体を斜めに構えることが多いです。降りてくる体重を受け止めるには、無意識に強い方に頼るからでしょう。足の形そのものや動きを比べることもおすすめです。③足の指の開き具合や、④足の指でグーパーしてみてください。なんとなくでも左右差が感じられたら要注意です。膝の調子が心配な方は、ぜひ、チェックしてみてはどうでしょうか。