❚根本改善を目指す方へ

 

坐骨神経痛の発生メカニズム

 

①繰り返しによる癖

②癖による歪み

③歪みで進む筋力低下

④痛みの出現


 関節の歪みがあたえる身体への影響

関節を構成する骨同士というのは、例えれば歯車のような関係です。

わずかな隙間を作って動いたり、逆にしっかり噛み合って固定することで、重力に逆らいつつ滑らかに体を動かします。

 

しかし、体を支える場面で骨同士がしっかり噛み合わないと、まるで雑に重ねた積み木のように接続部分がグラグラしてしまいます。これを生活の繰り返しの中で放っておくと大変なことになります。次第に姿勢が保ちにくくなっていきますし、転倒もしやすくなります。

 

それを抑えるために、周囲の筋肉がガッチリ緊張して安定させる仕組みがあるのですが、あまりにぐらつけば、筋肉や腱・靭帯の負担もますます大きくなっていきます。接する骨同士も摩擦が増して軟骨の損傷が起こりやすくなります。

  


「関節の歪み」は「ぐらつきやすい状態」のこと

 

ある程度の歪みというものは、生活していれば誰にでも現れてきます。それでも身体の組織が本来の役目を果たしてさえいれば、普段の生活はもちろん、趣味の活動やスポーツも問題なくこなせます。

 

ところが、様々な要因により症状が出てきた場合は話が変わってきます。

歪みのために動き過ぎて負担が増える組織もあれば、逆に動きが減り、もともと持っていた機能を発揮できなくなる組織も出てきます。どちらにしても調子を落とし、働かなくなっていく訳です。

 

そして、働かなくなった組織は、放置すればどんどん力を失っていきます。これは人間だけではなく、ほとんどの生物が持ち合わせている原理原則です。

 


歪みは痛みの連鎖を作る

 

体はもともと、防衛機能の一つに多少の不具合をカバーして状態を維持しようとします。

関節にもその働きがあり、動きの悪くなった筋を近くの正常な筋が庇うように動き始めます。当然、庇った筋への負担は増し、しばらくすると その筋自体も調子が落ちて痛みの要因となります。

 

さらにその周囲も同様に、正常に働いていた筋に負担をかけて庇うことが続くため、痛みの連鎖が始まります。

また、筋や腱などの組織の配置も変わることにより、本来動くはずのコースからずれた状態ですので伸び縮みも十分できず、やはり負担は増し、そのうち体を動かす機能も衰えていきます。

この悪循環を断つには、運動前に歪みを整える必要があるのです。

新宿、文京区、神楽坂、坐骨神経痛、スタジオ セラフィット
歪みは体のあちこちを衰えさせます


休んでも回復しないのは理由がある

神楽坂 整体 変形性膝関節症

関節が歪んで動きに異常があると、筋の自己回復力の源である「代謝」が落ち、ただ体を休ませるだけでは回復しないほど症状が悪化します。

 

そこから抜け出すには、まず動きの抵抗になる要因を取り除くこと。そして、関節に関与する筋肉をバランスよく動かして本来の働きを取り戻すこと。この2点です。

主に異常な緊張をしていた筋をほぐすことが、抑えられていた本来の力を発揮し、様々なパフォーマンスを回復させることにつながります。

 

歪みを整えながら各組織をほぐすことで、血液、水分の循環などの「代謝」を促進させ、筋肉の柔軟性を取り戻すことから、施術は始まります。

 

血液、水分の循環によって、休養が疲労を回復させる効果を発揮し、さらに組織がしなやかに伸縮、滑動(すれ違うこと)することにより、関節運動そのものが滑らかになっていくのです。

  


あなたは気付いていますか?

本来の筋力が発揮されていないかもしれないことを

神楽坂 整体 変形性膝関節症
神楽坂 整体 変形性膝関節症

 膝は14、肩なら15。

それぞれの関節を構成するといわれる筋の種類です。

 

その内のどれがサボっていて、どれが頑張りすぎているのかをご自身で把握していますか?

このバランスを調節しない限り、弱い筋肉に合わせてしか身体は動けないのです。つまり、限られた能力しか発揮できず、結果的に身体を支えきれなくなっていくのです。

 

当スタジオの独自の施術は一つ一つの筋肉をしなやかにしながら、関節を構成する深部の筋肉までも協調性を高めることにより、本来の身体能力を発揮できる状態を目指します。 

 


歪みを整えてからの運動こそ最も効率的な対策

※姿勢改善を目的とした施術ではありません。

 

一度目の施術から歪みが減り、背筋が伸びていきます。

 

そのため、筋や骨の配置が整い、体幹のインナーマッスル(深部の筋)が動かしやすくなります。

 

筋の伸び縮みがしっかり行われると、ポンプの作用が促進され、血液、水分を巡らせ、身体の細部から疲労を取り除き、回復力を高めます。

 

さらに、深部の筋肉を動かすことにより、関節そのものが滑らかに動き、その後の運動効果が向上します!


 

あなたの坐骨神経痛に合わせた施術と運動

手術前後対応・変形性関節症・トレーニング
手術前後対応・変形性関節症・トレーニング

回復までのサポート体制

Shinnjuku-Kagurazaka-therafit-zakotsushinnkeitsuu-care-taping

 

筋の代謝、自己回復力を取り戻すまでの間、テーピングでのサポートも行います。

 

例をあげると足部に巻いたオリジナルテープでアーチを活性化し、登山やテニスを楽しむ方もいらっしゃいます。

他にも膝の曲げ伸ばしのリズムや、骨盤の傾きを補正して患部に負担を掛けない状態を作ります。

 

普段の生活の繰り返しの負担、痛みを庇う姿勢を軽減し、筋力が戻るまでは有効な手段です。

 



 

坐骨神経痛のつらさを

サポートできる整体&トレーニング専門スタジオ

手術前後対応・変形性関節症・トレーニング

 

スタジオ セラフィットは、坐骨神経痛に対し歪みを整え、深部の筋力を向上させるというトータルなサポートができる専門スタジオです。

 

いつまでも思い通りに体を動かしていたいアクティブなあなたの味方です。

 

・途中で立ち止まらずに目的地までスタスタ歩いていきたい!

・辛くて眠れない夜から解放されたい!
・手すりを使わずに、軽やかに自宅や駅の階段を昇り降りしたい!

 

やりたいことを思いついた時にすぐできる自由な体づくりをご一緒させてください。

私なら、そのお手伝いができます。

思い切って、ぜひ、スタジオ セラフィットにお越しください。


ご予約は

今すぐお電話ください。

 

☎090-1861-8673

受付時間

10:00~22:00

定休日 火曜日・祝日

 

施術中は電話に出ることができません。

つながらない時はお名前、電話番号と「折り返し希望」とメッセージを残してください。

 

必ず折り返しご連絡させていただきます。